トキソプラズマという微小な生物が猫の体内に入ることで発症するのがトキソプラズマ症です。

トキソプラズマは猫だけでなく、ネズミや豚、羊などの哺乳類や鳥類にも感染します。

トキソプラズマに感染したネズミを食べた猫が感染することがあります。

このトキソプラズマは人間にも感染するので、トキソプラズマにかかった猫を飼っている飼い主は注意が必要です。

トキソプラズマ症の症状

仔猫や体力の弱い猫が感染すると、せきや呼吸困難、血便を伴う下痢、発熱などの急性の症状があらわれます。

重い場合には死に至ることも少なくない病気です。

しかし子猫のときに感染したとしても、すぐに症状があらわれず、数か月から数年たって症状が出る場合もあります。

トキソプラズマ症の典型的な症状は長く続く下痢です。

また目に虹彩炎やブドウ膜炎を起こし、眼球が濁ることもあります。

さらに、神経障害を起こし身体の一部が麻痺して正常に動けなくなるという症状もあります。

まっすぐ歩けなかったり、ふらついたり、同じところをぐるぐる回るという異常が見られます。

トキソプラズマ症の原因

トキソプラズマ症の原因は、単細胞生物の一種であるトキソプラズマという微生物が感染することです。

抵抗力のない猫の場合、腸の中でトキソプラズマが増殖し、血便を引き起こします。

腸だけでなく、脳や肝臓に入り込むこともあります。

感染ルートは食事から。トキソプラズマを持っているネズミなどを食べたりすることで感染します。

感染した猫は便の中にトキソプラズマを排出します。

この便にふれた鳥類やネズミなどが、猫への感染源となります。

トキソプラズマは土の中でも生き続けるので、土ほこりにトキソプラズマが混じっていると、それで感染することも考えられます。

トキソプラズマ症の治療

糞便検査をすることでトキソプラズマがいるかどうかを判断します。

治療については、サルファ剤などを使った内科療法が中心です。

しかし、この治療で完治するとは限りません。

回復までに長い時間がかかる場合もあります。

トキソプラズマ症の予防

トキソプラズマ症を予防するワクチンはありません。

猫がトキソプラズマに接触する機会をできるだけ少なくすることが大切です。

猫がネズミや小鳥をつかまえても食べないように注意しなければなりません。

実際は四六時中監視しているわけではありませんから難しいことは確かですが、できるだけ注意しましょう。

トキソプラズマは人間にも感染します。

ただ、人間の場合はトキソプラズマに感染しても病気が発症することはほとんどありません。

しかし妊娠中の女性が感染すると、流産したり生まれた胎児に障害が起こる可能性があります。

飼いネコが感染しているようなら気をつける必要があります。

先ほども書いたように、トキソプラズマは猫の糞便の中に含まれているので、多頭飼いをしている場合は他の猫に感染しないよう、糞便の処理は早めに行うことを徹底しましょう。