スコティッシュストレートは名前からもわかるとおり、愛嬌たっぷりの風貌で人気のスコティッシュフォールドと同じ猫が祖先です。

TICAではスコティッシュフォールドとは違う猫種として扱われています。

ここではスコティッシュストレートの性格、飼い方のコツ、特徴や歴史をまとめました。

スコティッシュストレート
原産地スコットランド
体重オス:3㎏~6㎏
メス:2.5㎏~5㎏
毛種短毛種・長毛種
性格・スコティッシュフォールドと同じく穏やか
・小さな子供や他のペットとも仲良くできる社交性あり
・寂しがり屋なので長時間の留守番は苦手
飼い方のコツ・運動量が少ない猫種なので肥満にならないように食事量を管理
・長毛種はヘアボールができないように週に2~3回のグルーミングを
平均寿命10~13歳

 

スコティッシュストレートの性格

スコティッシュストレートの性格はほとんどスコティッシュフォールドと同じです。

穏やかで小さな子供や他のペットとも仲良くできる社交性を持っています。

寂しが屋さんなので、飼い主のそばにいるのが落ち着くようです。

長時間の留守番は苦手かも。

スコティッシュストレートの飼い方のコツ

運動量が多くなく、鳴き声も小さいので、マンションなどの集合住宅で飼うのに適した猫です。

ただ、カロリーオーバーになりやすいので、食事量の管理と食べ過ぎたときはその分遊んであげて運動させましょう。

被毛の手入れは短毛種なら週に1回程度のグルーミングをしてあげれば十分です。

長毛種であればヘアボールができないように週に2~3回は抜け毛を取り除いてあげましょう。

スコティッシュフォールドは耳の部分に触るのはNGですが、スコティッシュストレートは耳の病気も起こりにくく、耳掃除もそれほど神経質になる必要はありません。

スコティッシュストレートの特徴・歴史

スコティッシュストレートはスコティッシュフォールドと同じ猫がルーツです。

その猫は1960年代にスコットランドで生まれたスージーというメス猫です。

スージーは何匹かの子猫を産みますが、その中に折れ耳の猫がいました。

この折れ耳の子がスコティッシュフォールドの先祖です。

一方、スージーが生んだ子の中には通常の耳(立ち耳)の子もいました。

スコティッシュフォールドの「フォールド」が「折りたたむ」という意味に対して、耳が立っているからスコティッシュストレートと呼ばれるようになりました。

スコティッシュフォールドは折れ耳同士を掛け合わせると遺伝上の問題が出て死産となったり、健康に問題がある子が生まれる確率が高いのでNGです。

折れ耳の猫と立ち耳の猫を交配するのが鉄則です。

その場合、どれくらいの割合で折れ耳の子が生まれるかはいろいろな説があるのですが、スコティッシュフォールドの子供のうち60%程度が折れ耳で生まれてくると言われています。