ラムキンは愛らしい短足猫マンチカンと、ふわふわカールの被毛が特徴のセルカーク・レックスとの交配により生まれました。

まだ誕生して間もない猫のため、性格や寿命、健康状態などわからないことが多い猫ですが、現時点で判明しているラムキンについてのデータをまとめました。

性格も傾向があるわけではなく、個体によって大きく違うので、ラムキンを家庭に迎えいれるというときは、その子の個性を見極めてあげる必要があります。

ラムキン 
原産地アメリカ
体重1.8㎏~4㎏
毛種短毛種
性格・活発で明るい
・落ち着いている
・人と一緒にいるのは好きだけど、依存心はそれほど強くない
飼い方のコツ・運動量が多いのでしっかり運動できる環境を用意
・毛玉ができやすいので毎日のブラッシングやコーミングを習慣にして抜け毛を取る
平均寿命新しい猫種のためデータ不足

 

スポンサーリンク

ラムキンの性格

ラムキンはまだ新しい猫種のため、性格の傾向もまだ定まっていません。

マンチカンの活発で明るいところと、セルカークレックスの落ち着いた性格のいずれかが現れるようです。

今のところわかっているのは、人と一緒にいることは好きだけど、それほど依存心が強いわけではないこと。

うるさく鳴くことはないのでマンションなど集合住宅でも飼いやすいでしょう。

ラムキンの飼い方のコツ

ラムキンは短い足に似合わず、マンチカンと同じでとても活発に動き回ります。

とくに仔猫の時期はアクティブな上、身が軽いので、ひょいと高いところに上りたがります。

キャットタワーを用意してあげるのがいいでしょう。


SONGMICS キャットタワー 猫タワー 爪とぎ 麻紐 据え置き ハンモック かわいい 154cm ベージュ NPCT86M

マンチカンは独特の巻き毛を持っていますので、こまめに手入れをしなければなりません。

被毛がからんで毛玉ができやすいので、毎日のブラッシングやコーミングを習慣にして抜け毛を取ってあげましょう。

自分でグルーミングをしているときに毛玉を飲みこんで毛球症になるリスクがあります。

ヘアボールのコントロールをする猫草を用意するのもいいですね。

農場直送!猫の必需品 “そのまんま猫の草” 2鉢セット(すぐに食べられる猫の生野菜)

ラムキンはまだ新しい猫種のため、性格も個体によって大きな差があります。

自立心の強い子もいれば、甘えん坊で寂しがり屋の子もいます。

甘えん坊の子の場合、ひとりで長時間の留守番をさせるとストレスをためるので気をつけましょう。

その子が自立心のある子なのか、甘えん坊なのか見極めてあげることが大切です。

スポンサーリンク

ラムキンの特徴・歴史

ラムキンはマンチカンとセルカーク・レックスの交配により誕生した猫です。

マンチカンの短い足とセルカーク・レックスのカールした被毛を併せ持っています。

予定通りというか、お互いのチャームポイントを見事に引き継いでいて、仔猫のときだけでなく、成猫になっても、この特徴は維持されます。

新しい猫種といっても、まだ実験的な段階にある猫種であり、正式に公認されているわけではありません。

今も育種が続いている状況です。

ラムキンの基礎となったマンチカンの公認が2003年のことですから、ラムキンにいたってはまだわからないことだらけと言っても過言ではありません。

そのため、健康状況や寿命などについてはこれからデータがそろってこなければ何ともいえない状況です。

ただ、マンチカンと同じく短足の猫なので、腰の病気(ヘルニアなど)のリスクがありますので気を付ける必要があります。

とても愛らしい容姿の猫なので、飼育したいと思う人も多いでしょうが、現状では個体数も少なく、日本では手に入れるのがとても難しい猫です。

どうしても手に入れたい場合は海外のブリーダーに直接交渉する必要があるでしょう。