白血病の猫から発見されたのがネコ白血病ウイルスです。

白血病ウイルスという名前の病気ですが、白血病を引き起こすだけではありません。

このウイルスに感染すると、病気への抵抗力が極端に下がります。

そのためさまざまな症状を示し、治療が困難なこともあります。

また、感染してからの潜伏期間が長いため、飼い主も猫がネコ白血病ウイルスに感染したことに気づかないことがあります。

スポンサーリンク

ネコ白血病ウイルスの症状

比較的若い猫がこのウイルスに感染する傾向があります。

感染後2週間から数か月で初期症状があらわれます。

症状としては

  • 熱が出る
  • 元気がなくなる
  • 全身のリンパ節がはれる
  • 貧血を起こす

これらの症状がみられます。

しかし1週間から1ヶ月続くと、いったん治まります。

そのままウイルスが消えて回復する場合もあるのですが、初期症状が治まっただけで感染が続いていることもあります。

この場合は数週間から数年後に初期症状より激しい症状が起こり、死に至ることもあります。

このウイルスに感染すると、白血球の数が減少するため、他の感染症が悪化することがあります。

トキソプラズマ症やヘモバルトネラ症、クリプトコッカス症などが考えられます。

ネコ白血病ウイルスの原因

もちろんこのウイルスに感染することが原因で発症します。

このウイルスは猫の体外では生きることができないので、通常は外気にふれると数時間以内には死にます。

そのため感染している猫と接することがなければ感染することもありません。

ほとんどの場合、ケンカの傷から感染することが多いようです。

ネコ白血病ウイルスは猫の唾液や尿などに含まれているので、多頭飼いをしている場合、感染した猫がいる場合は注意が必要です。

ケンカの傷のほかには母子感染による感染も考えられます。

ウイルスに感染している母ネコが妊娠すると、子猫にも感染する確率が高くなります。

メス猫が感染したと判明した場合は、不妊手術をして妊娠させないようにするべきです。

スポンサーリンク

ネコ白血病ウイルスの治療

前述の通り、ネコ白血病ウイルスにかかった猫はさまざまな症状を示すので、症状を見ただけでは診断するのは難しい病気です。

エイズウイルスの検査と同時に検査できる方法があるので、症状が疑われる場合は検査してみましょう。

治療については、現在このネコ白血病ウイルス感染症を直接治療することは困難です。

抗ウイルス薬のインターフェロンによる治療が試みられてはいますが、十分な成果を上げるには至っていません。

他のウイルス感染症と同じく、病気の進行をできるだけおさえるための対症療法が中心になります。

抗生物質を与える内科的療法が主になります。

家庭では猫がストレスをためないように気をつけることが必要です。

ネコ白血病ウイルスの予防

ネコ白血病ウイルス感染症にはワクチンが開発されています。

しかしもともと感染力がそれほど強くない病気のため、ワクチンを打つ飼い主さんは少ないのが現状です。

しかし子猫の頃に感染すると症状が重くなるため、できるだけワクチン接種をしたほうがいいでしょう。