ネコのエイズウイルス(免疫不全ウイルス)は発見されて間もないもののひとつです。

ネコも人間と同じように、外部から体内に侵入する病原菌などから自分の体を守る免疫の仕組みを持っています。

しかし、ネコエイズウイルスに感染してネコエイズが発症すると、免疫機能が正常に機能しなくなり(免疫不全)、体の抵抗力が弱まります。

結果としてさまざまな病気にかかりやすくなるのです。

猫がエイズウイルスに感染してからはっきりとした症状が出るまで、長い場合には数年かかることもあります。

そのため飼い主が気付くのに遅れ、気づいたときに末期だったということもあります。

こうなるとさまざまな病気を併発して死亡することもあります。

スポンサーリンク

ネコエイズの症状

ネコエイズウイルスに感染すると、感染して1ヶ月後くらいに、一時的に熱を出して、全身のリンパ節が腫れることがあります。

ただ、通常は重い症状には至らず、気づかないうちに自然に治ったように見えることが多いため、事の重大さに気づかない場合がほとんどです。

その後、さらに数か月から数年で徐々に免疫機能が低下すると、細菌などに感染しやすくなり、さまざまな病気にかかりやすくなります。

よく見られる症状としては以下のようなものがあります。

  • よだれ
  • 口内炎
  • 慢性鼻炎
  • 目ヤニの出る結膜炎
  • 慢性的な下痢

また細菌などが感染して皮膚病や外耳炎を起こすこともあります。

さらに今までと行動が変わり、性格が変わったようになることもあります。

これらはどれかひとつが特徴的に表れるわけではなく、いくつかの症状が組み合わさって表れることが多いです。

症状が悪化すると、貧血、リンパ腫が起こることもあります。

ネコエイズの原因

ネコエイズの原因はネコエイズウイルスに感染することですが、ネコエイズウイルスは感染力が弱く、通常の接触では感染しないと考えられています。

たとえ母ネコが感染していても、その母乳から仔猫に感染することもありません。

先天的にネコエイズウイルスを持った子猫が生まれてくることもごくまれなことです。

さらに猫同士のグルーミングでも感染の確率は低いです。

ネコエイズウイルスは感染している猫の唾液に含まれているので、ケンカなどでかまれたときに傷口から感染するケースが多いようです。

そのため子猫よりも成猫のほうがネコエイズウイルスに感染するケースは多くなっています。

ちなみに、人間のエイズウイルスが猫に感染したり、その逆のケースはありません。

スポンサーリンク

ネコエイズの治療

ネコエイズウイルスに感染しても初期の頃は症状がわかりにくく、見過ごしてしまいがちです。

感染から時間が経過して、口内炎や下痢、鼻炎など免疫力が低下することで起こる病気にかかりやすくなっていると、免疫不全が疑われ、この段階ではじめてネコエイズウイルスへの感染が懸念されるようになります。

診断は猫がエイズウイルスに対する抗体を作っているかどうかを検査することにより行います。

現在では動物病院でもネコエイズウイルスの検査を実施してくれるところがあるので不安な場合は獣医師に相談してみましょう。

ネコエイズウイルスの治療に関しては、症状が出ていない限り、いまのところ治療法はありません。

口内炎や鼻炎など表れている症状に対する対症療法しかありません。

抗生物質や抗炎症薬、下痢止め、インターフェロンなどが処方されます。

しかし免疫不全が進行している段階では、これらの投薬も効果が弱まり、猫は次第に衰弱していきます。

それでも抗生物質や抗炎症薬の投与を続けていると、猫の食欲が回復することがあります。

食欲がもどらず栄養補給が困難なときは、ブドウ糖をスポイトなどで直接摂取させることで、急激に衰弱することを防げます。

抗生物質や抗炎症薬、ブドウ糖などは獣医師に処方してもらって、家庭でも投与することができます。

完治は難しいまでも愛猫のためにできる限りのことはしてあげたいですね。

ネコエイズの予防

ネコエイズウイルスを予防するワクチンは未だ開発されていません。

ネコエイズを予防するには、感染している猫との接触を避けるしか方法がありません。

ネコエイズウイルスは感染力が弱いので、同居している猫同士の感染もほとんどありません。

もし、同居している猫に感染した猫が出た場合は、食事は別にするなどの配慮が必要です。

一番危険なのはケンカによるケガなので、室内飼いを徹底して、脱走しないように注意するのが最良の方策です。

また、去勢や不妊を行うこともネコエイズウイルスを予防するひとつの方法です。