とても珍しいロングヘアのマンクスがキムリックです。

ここでは、キムリックの性格や飼い方のコツ、特徴・歴史をまとめました。

キムリック 
原産地アメリカ
体重オス:4.5~6㎏
メス:3~5㎏
毛種長毛種
体型コビー
性格・内気で穏やかな性格
・自分が認めた飼い主以外になつかない
・飼い主への忠誠心を持っている
・頭がよくしつけやすい
飼い方のコツ・尻尾の部分を触ると嫌がる
・毛玉があるとストレスになるのでブラッシングを丁寧に
・皮膚の管理をしっかり(仔猫の頃からシャンプーの習慣を)
平均寿命10~13歳

キムリックの性格

キムリックの性格はマンクスと同じく大人しくて賢く、飼い主への忠誠心を持っています。

内気な性格なので、自分が認めた飼い主や家族以外にはあまりなつきません。

人の行動をよく見ていて、敏感に反応する神経質な面も持っています。

飼い主の感情の起伏にも敏感なので、飼い主がイライラしているとキムリックはストレスをためてしまいます。

よくも悪くも飼い主の感情に寄り添っているのです。

やんちゃなところもない猫なので、穏やかな猫が好きな方には向いています。

頭がいいのでしつけにも苦労しません。

ただ、稀少性が高い猫なので手に入れるのは大変ですが。

猫としては珍しく、高い場所より低い場所にいることが好きなようです。

キムリックの飼い方のコツ

尻尾がない子は、尻尾のところを触られると嫌がります。

また長毛種ですので、ブラッシングをこまめにしてあげましょう。

1日に2回は行いたいですね。

自分の毛玉があるだけでストレスに感じるようです。毛球症になりやすいので注意が必要です。

内気で神経質な面のある猫なので、ブラッシングのときに暴れることもあるようです。

しかし、ここで叱ったりすると、キムリックは人間の感情をストレートに受けるので、ストレスになってしまいます。

穏やかな気持ちで優しく接してあげることが大切です。

キムリックの平均寿命は他の猫と比べて短めとなっているので、食事の管理に気をつけて肥満にならないようにしましょう。

肥満になると糖尿病を発症する原因にもなります。

寒いところで生まれた猫なので、日本の高温多湿の環境では皮膚の管理をしっかりしてあげましょう。

仔猫の頃からシャンプーの習慣をつけたいですね。

キムリックの特徴・歴史

マンクスは短毛種ですが、繁殖しているときに、突然変異的に偶然生まれた長毛種をキムリックと呼んでいます。

1979年にTICAで公認されました。

キムリックという名前の由来は、マンクスの故郷であるマン島に近いウェールズ地方の別名「キムリー」です。

被毛の長さ以外はマンクスと体は同じで、ぴょんぴょん跳ねるような歩き方が特徴です。

尻尾がない仔を「ランピー」といい、少し尻尾の形跡が残っている場合は「スタンピー」、短いけれど尻尾が見られるタイプを「ロンギー」と区別しています。

キムリック同士の交配でも長毛の仔猫が生まれるのは4匹に1匹という確率。

1回の出産で生まれる仔猫の数が少ないということもあり、とても稀少性の高い猫です。