見た目のワイルドさの通り、チャウシーはヤマネコであるジャングル・キャットとイエネコの交配によって生まれた猫種です。

野生の血をひいているので、ジャングルキャットの子猫の第1世代(F1)から第3世代(F3)までは気性が荒く、ペットとして飼うことはできません。

国や地域によっては特定動物と指定されていて輸入や飼育ができなかったり、届け出が必要な場合があります。

野性的な美しさに魅了される愛猫家も多いということですね。

ここではチャウシーの性格、飼い方のコツ、特徴や歴史をまとめました。

チャウシー
原産地アメリカ
体重オス:3.5㎏~7㎏
メス:3㎏~4.5㎏
毛種短毛種
体型ロング&サブスタンシャル
性格・人なつっこく飼い主と一緒にいるのが好き
・とても賢く好奇心旺盛
・しつけへの理解力も高い
飼い方のコツ・依存心が強いほうではないが長時間の留守番は苦手
・ヤマネコの血が濃いので穀物や野菜の消化は苦手
・グレインフリーのキャットフードがおすすめ
・抜群の運動能力を持ち、活発に動くのでしっかり運動できるスペースを確保
平均寿命10~13歳

 

スポンサーリンク

チャウシーの性格

チャウシーはとても賢い猫として知られています。

人間の行動をよく見る洞察力やしつけに対しての理解力が高く、投げたものを取ってきたり、犬のようにリードをつけて散歩することもできるほどです。

チャウシーの性格は人なつっこく、飼い主と一緒にいるのが好きです。

飼い主の家族の中でも特に1人に懐く傾向があります。

一途な性格なのかもしれませんね。

とはいってもそれほど依存心が強いわけでもなく、短時間であれば、ひとりの留守番も可能です。

ただ、長時間の留守番が毎日続くと、ストレスをためるので、日中仕事で留守がちな家庭では多頭飼いをおすすめします。

チャウシーの飼い方のコツ

チャウシーはヤマネコの血が色濃く残っているせいか、食物アレルギーが起こりやすく、消化器も強いほうではありません。

穀物入りのキャットフードを与え続けていると消化不良を起こし下痢になることがあります。

チャウシーにはグレインフリーのキャットフードがおすすめです。

そしてヤマネコ譲りの抜群の運動能力を持っていて、仔猫の頃から活発に動き回ります。

部屋は行き来できるようにドアを開けて広く遊べるようにしてあげたいですね。

おもちゃで遊ぶのも好きなので、一緒に遊んであげる時間を作ってあげましょう。

また高さのある頑丈なキャットタワーがあると嬉々として遊びます。

被毛の管理は短毛種ですが、ダブルコートなのでヘアボールができないように、週に1回程度、抜け毛を取るためにコーミングをしてあげましょう。

スポンサーリンク

チャウシーの特徴・歴史

チャウシーは野生のヤマネコとイエネコの人為的な交配により誕生しました。

野生のヤマネコであるジャングルキャットは小型とはいえ気性があらく、人になつくことはありません。

しかし野性的な魅力を持つペットが欲しいという需要はいつの時代もあるようで、野生の猫種をペットとして飼えるようにしたいというプロジェクトで生み出されました。

ジャングルキャットの第1世代の仔猫から気性の優しそうな子を選んで第2世代、第3世代へとつなげたのでしょう。

1990年代に入ると世の中が満ち足りてきたこともあり、ペットブームが起こります。

その中で、変わった猫、珍しい猫を所有したいという愛猫家の注目を集めたのがチャウシーでした。

1995年にはTICAで新しい猫種として登録されました。

ペットとして飼えるのは第4世代(F4)以降と決められています。

この世代になると気性のあらさも抜けて、人なつっこい性格になっています。

チャウシーの繁殖に使われるのはアビシニアンとドメスティックショートヘアー(短毛種のネコ)に限られます。

チャウシーは野生のヤマネコとイエネコを人為的に交配させて生み出した猫種ですが、歴史的にはヨーロッパ、西アジアなどではジャングルキャットとイエネコは普通に交配していたと考えられます。

このあたりの地域では猫のミイラがよく見つかっていますが、その中にはジャングルキャットとイエネコの交雑種のミイラと思われるものが多数あるのです。

人気の猫種のひとつであるアビシニアンの祖先はこのようなジャングルキャットとイエネコの交雑種ではないかという説があります。

アビシニアンの風貌を見ると、そんな感じを受けますね。

現在、チャウシーはアメリカ、ヨーロッパで繁殖が行われていますが、個体数は少なく稀少価値の高い猫種です。

日本で手に入れるのもブリーダーさんとつながらないとなかなか難しい状況です。