人なつっこい性格で、バランスの取れた優雅な肢体がバーミーズの魅力。

タイでは昔から王室や貴族の間で猫が大切にされていましたが、一説ではバーミーズはその子孫ともいわれています。

ここではバーミーズの性格、飼い方のコツ、特徴や歴史についてまとめています。

 

バーミーズ
原産地ミャンマー
体重オス:3~5.5㎏
メス:3~5㎏
毛種短毛種
体型コビー
性格・社交的で誰にでもよくなつく性格
・茶目っ気たっぷりの陽気な猫
・飼い主がいなくてもひとりで遊ぶほど遊び好き
飼い方のコツ・室内飼育が基本
・運動量が多いので食事もしっかり
・被毛の美しい光沢を保つために1日1回のブラッシングを
平均寿命13~15歳

スポンサーリンク

バーミーズの性格

バーミーズの性格は、社交的で誰にでもよくなつき、茶目っ気たっぷりに人を楽しませてくれる陽気な猫です。

ひとりで遊ぶのも好きで、飼い主がいなくても退屈せずに遊びます。

もちろん一緒に遊んであげると喜びます。

また、環境適応能力も高く、都会であろうが、田舎であろうがどんなところでの暮らしも受け入れます。

バーミーズの飼い方のコツ

環境適応力が高く、どんな場所でもすぐになじむので、室内飼育であれば注意することはほとんどありません。

というより、野性での生活には向いていないので、室内飼育が基本です。

被毛の手入れは1日1回のブラッシングでOK。

きめ細かいなめらかさがあって高密度の細い毛は光沢を持っています。

これもバーミーズの特徴なので、しっかりとお手入れしてあげましょう。

運動量は豊富でよく動くので食事はしっかり与えましょう。

スポンサーリンク

バーミーズの特徴・歴史

1930年にアメリカの精神科医であったJ・トンプソン博士がビルマ(ミャンマー)から美しい1匹のメス猫を連れて帰りました。

博士はその猫をウォンマウと名付けます。

ウォンマウとシールポイントのサイアミーズ(シャム)を交配させました。

生まれた子猫のうち、母親と同じ毛色の猫をもう一度母親と交配させると、セピア色の猫が生まれます。

その猫がバーミーズの祖先と言われています。

その後アメリカで計画的な繁殖が行われ、、イギリスにわたりました。

しかしイギリスには計画繁殖用のバーミーズがいなかったため、サイアミーズと交配させます。

そのため、アメリカとヨーロッパで2種類のバーミーズが定着しました。

アメリカンバーミーズ、ヨーロピアンバーミーズと呼んで区別することがあります。

アメリカとヨーロッパのバーミーズの違いは毛色です。

CFAで公認されているバーミーズの毛色は、セーブル、シャンパン、ブルー、プラチナの4種類ですが、ヨーロッパではレッドやクリームもあり合計11種類になります。

体型もヨーロピアンバーミーズのほうが少しほっそりした印象です。

バーミーズの鳴き声はとても小さいので、アメリカでは別名「慈悲深い猫」と呼ばれています。

バーミーズの丸みを帯びた外見も特徴ひとつです。

筋肉や骨格が発達していて見た目より体重があるのですが、頭から目、胸、しっぽの先まで丸いため柔らかい印象があります。