ヨーロッパの絵本に出てくる猫ってボス顔ですが、ブリティッシュショートヘアーがモデルなんでしょうね。

イギリスでは2000年以上の歴史を持つ伝統的な猫です。

ペルシャとの交配で現在のスタイルが確立されました。

働き者のしっかり屋さんです。

ここではブリティッシュショートヘアーの性格、飼い方のコツ、特徴や歴史をまとめています。

 

ブリティッシュショートヘアー
原産地イギリス
体重オス:3~5.5㎏
メス:3~5㎏
毛種短毛種・長毛種
体型セミコビー
性格・穏やかで賢い
・あまりベタベタされるのは嫌
・一人で生きていくクールさを持っている
飼い方のコツ・短毛種だが毛が抜けやすいのでブラッシングを日課に
・がっしりした体格なので高カロリー、高タンパクの食事を
・太りすぎないようにしっかり運動させる
・うるさいところは苦手なので静かな環境を
平均寿命14~17歳

スポンサーリンク

ブリティッシュショートヘアーの性格

ブリティッシュショートヘアーの性格は穏やかで賢く、鳴き声も小さいです。

のんびりしたタイプで一人遊びが上手です。

必要以上に触られるのを嫌がるので、あまりベタベタしないほうがいいかも。

しかし元来ワーキングキャットとして活躍していたブリティッシュショートヘアーですから、たくましさも持っています。

骨太で身体能力が高い猫で、一人で生きていく強さも持っています。

穏やかでおっとりした性格ですが、運動量は多いです。

もともとがワーキングキャットでしたからね。

自由に動き回れる環境も必要です。

ブリティッシュショートヘアーは穏やかで頭が良い性格のためなのか、映画やCMにもよく使われています。

大きな声で鳴いたり、飛んだり跳ねたりしないので使いやすいのかもしれませんね。

ブリティッシュショートヘアーの飼い方のコツ

短毛種ですが、毛が抜けやすいので、1日1回のブラッシングを日課にしましょう。

がっしりした体格なので、食事量も多いです。

高タンパク、高カロリーの食事を与えてあげましょう。

しかし太りすぎにならないように適度な運動も欠かさずに。

騒がしい環境は苦手なので、静かに暮らせる環境にしてあげましょう。

スポンサーリンク

ブリティッシュショートヘアーの特徴・歴史

ブリティッシュショートヘアーの歴史はとても古く、約2000年前に、古代ローマ人がイギリスに持ち込んだと言われています。

イギリスで最も古い品種で、その運動能力の高さから、ネズミ捕りのワーキングキャットとして、家庭で重宝されていたようです。

1800年代頃から、ブリーダーによって改良が行われ、1871年にキャットショーで紹介されました。

アメリカに渡ると、1980年にCFAで公認されます。

もともとは「ブリティッシュブルー」という名前だったように、ブルーが代表的なカラーです。

しかし、今ではあらゆるカラーとパターンが存在します。

さらに長毛種のブリティッシュロングヘアーも登場し、TICAで公認されています。

大きな顔や目、頬など全体的に丸みを帯びていて、胸板は厚く、肩幅も広いがっしりした体型です。

オスはメスよりかなり大きくなります。

ビロードのような被毛は短くて固いので、寒い環境でも耐えられます。

今では世界的に知られるブリティッシュショートヘアーですが、第二次世界大戦のときには絶滅の危機に瀕しています。

ブリーダーたちの努力によって守られたわけですが、この時期にさまざまな品種との交配がなされました。

その中にはペルシャもいたのですが、結果的にこれが大正解。

現在のたくましく大人しい性質のブリティッシュショートヘアーはペルシャとの交配から生まれたと言われています。

現在、世界中に存在するブリティッシュショートヘアーはニュージーランドやオーストラリアにも優れた個体が存在します。

しかし今でもイギリスが代表的な産地です。