がっしりしたボディにワイルドな顔立ちの野性味あふれるベンガルですが、実はおだやかな性格でよくなつく可愛らしい猫です。

ところ狭しと駆け回る運動量の豊富な猫です。

ここではベンガルの性格、飼い方のコツ、特徴や歴史についてまとめています。

 

ベンガル
原産地アメリカ
体重オス:3~6㎏
メス:3~5㎏
毛種短毛種
体型ロング&サブスタンシャル
性格・見た目とは正反対にとても穏やか
・飼い主の言葉に鳴き声で反応するような社交性あり
・心を開いた飼い主には甘えん坊になる一面も
飼い方のコツ・運動量が他の猫種と比べても多いので十分な運動のできる環境が必要
・グルーミングはなでる程度で月1回の目安でシャンプーを
・敏感なので、騒々しい環境は苦手
・ベタベタしすぎると嫌がる
平均寿命12~15歳

スポンサーリンク

ベンガルの性格

野性的に見えますが、実はいたって穏やかな性格です。

声をかけると、鳴き声で反応したりする社交性も持ち合わせています。

動きは活発で運動量も多い猫種です。

高いところに上るのが得意で、遊ぶことが大好き。

成猫になってからもおもちゃで遊んであげるとじゃれてきて、とてもかわいいです。

ベンガルの飼い方のコツ

運動量が豊富な猫種なので、十分な運動をさせてあげましょう。

上下運動のできるキャットタワーがあるといいですね。

SONGMICS キャットタワー 猫タワー 爪とぎ 麻紐 据え置き ハンモック かわいい 154cm ベージュ NPCT86M

グルーミングはなでる程度でいいのでラクです。

シャンプーは月に1回を目安に。

野生種の血が入っているとはいえ、攻撃性はありません。

ただ、敏感で自立心も高いため、騒々しい落ち着かない環境ではストレスをためることがあります。

あまりベタベタすると逃げてしまいます。

スポンサーリンク

ベンガルの特徴・歴史

野生種の血を受け継ぐベンガルは、1960年代にアメリカのブリーダーによって生み出されました。

野生種のアジアンレパードと、黒い猫を交配させて、新品種の開発を進めていたのです。

その結果、アジアンレパードのスポット模様を受け継いだ仔猫が何匹か生まれました。

しかし、繁殖は一時中断され、再開発がスタートしたのは1970年代後半になってからです。

アジアンレパードをもとにした新品種の再開発によって、美しいスポット模様を持つ、ベンガルが誕生しました。

1983年にTICAに公認されます。

いわゆる豹柄のような斑点毛様がトレードマークです。

短毛種ですが、被毛は厚みがあって高級感を与えます。

骨格も筋肉もがっしりしていてワイルドな雰囲気が引き立っています。

オスのたくましさはあらゆる猫種の中でも秀逸です。

ベンガルという名前は、インドのベンガル河に由来します。

欧米人がはじめてアジアンレパードを見たのがベンガル河の流域だったからと言われています。

ベンガルの祖先であるアジアンレパードは、アジア諸国に生息する野生種です。

高温多湿を好む夜行性の猫。

また、水遊びを好むという猫としては珍しい特徴を持っています。

アジアンレパード自体はとても狂暴で、人間になつくことはありません。

ベンガルは野生猫との混血であるため、この猫を認めない団体もあります。

TICAでも三世代の中に野性の血が入っていると品評会に出すことはできません。