見た目はワイルドですが、実は人なつこい性格のアメリカンワイヤーヘアー。

性格や飼い方のコツ、特徴や歴史などまとめました。

アメリカンワイヤーヘアー 
原産地アメリカ
体重オス:3~6㎏
メス:3~5㎏
毛種短毛種
体型セミコビー
性格・プライドが高い
・他の猫には威圧的
・人間に対しては甘えん坊
飼い方の注意点・健康的で病気も少ないのでとても飼いやすい
・被毛の手入れもラクチン
平均寿命12~15歳

アメリカンワイヤーヘアーの性格

アメリカンショートヘアーの性格は、アメリカンショートヘアー譲りです。

好奇心・独立心旺盛でプライドが高い猫です。

人間に対しては甘えん坊で、人と遊ぶことも大好きですが、他の猫に対しては威圧的な態度をとることがあります。

見た目はワイルドな感じですが、性格はおっとりしていて、人なつこい面も持っています。

アメリカンワイヤーヘアーの飼い方のコツ

仔猫のときからよく動いて健康です。

生まれたときからすでに毛は縮れていて、生後4~5ヶ月で完全に縮れ毛になります。

健康的な猫で、あまり病気をしません。精神的にも安定している猫なので飼いやすい猫といえます。

被毛の手入れは週に1回程度、なでながら抜け毛を取り除いてやればOK。

手のかからない猫です。

アメリカンワイヤーヘアーの特徴・歴史

アメリカンワイヤーヘアーは突然変異で生まれたアメリカンショートヘアーの縮れ毛の仔猫を元にして生まれました。

1966年にニューヨーク州の北部のある農家で数匹の猫が生まれました。

その仔猫たちの中に1匹だけ突然変異で被毛の縮れた仔猫がいました。

この仔猫はアダムと名付けられて、アメリカンワイヤーヘアーのすべての祖先となります。

アメリカでは計画的に繁殖が進められ、1978年にCFAで公認されました。

アメリカとカナダでは人気の品種ですが、その他の地域では、その存在をあまり知られていません。

ペットショップではほとんど売られていないので、希少な品種です。

アメリカンワイヤーヘアーの最大の特徴は名前の通り、硬く縮れた被毛です。

下毛だけでなく上毛も縮れていて、スチールたわしのような触り心地です。

祖先がアメリカンショートヘアーですから、体型も同じようにボス猫体型です。